PR

マイナンバーカード所有者に最大2万円相当ポイント支給

土曜日は、ポイ活生活です。

 

 

現在、自分が実践している日々のポイ活や獲得したポイントでの買い物で役に立ちそうなお得情報をお届けしています。

 

 

全て自分が体験した内容です。

 

 

今回は、”マイナンバーカード所有者に最大2万円相当ポイント支給”です。

 

 

突然ですが、現在、マイナンバーカードの普及率は4割未満となっているようです。

 

昨年、政府はマイナポイント制度の実施で、カード普及を促進、更に健康保険証や免許証機能の付与を進めるなど、利便性を高める努力をしています。

 

 

しかしながら、マイナンバーカードを利用する機会がない、申請手続きに時間がかかるなどの理由で、思うように普及は進んでいない状況です。

 

 

一方、ポイ活推進派としては、昨年のマイナポイントの”国の5,000円+決済業者の上乗せ分”のポイント付与は、マイナンバーカードを取得し、申請手続きさえすれば、必ずもらえるポイントだったので、獲得しない選択肢はありませんでした。

 

 

昨年、そのような出来事があった中、先月、自民党総裁選とともに行われた衆議院総選挙で、自民党ならびに公明党の与党が圧勝し、公明党が公約に掲げていた18歳以下の子供1人につき一律10万円をはじめとする給付とともに、マイナンバーカード所有者に3万円分のポイント支給案が浮上していました。

 

 

ところが、自民党が所得制限に拘るなど、調整の話し合いが行われ、結局、以下のような給付でまとまりました。

 

 

(1) 18歳以下に10万円相当

ただし年内に現金5万円、来春頃に5万円相当のクーポン、対象は年収960万円まで

 

(2) マイナンバーカード取得者に最大2万円相当のポイント

新規取得者に5,000円、健康保険証としての利用者に7,500円分、口座とひもづけした人に7,500円

 

(3) 生活困窮者に10万円

住民税非課税世帯が対象に現金で

 

 

この中で、ポイ活に該当するのは(2)の給付ですが、3万円から2万円に減額されたものの、マイナンバーカード作成以外のその他の条件を全て満たせば、前回のマイナポイント時より最大1万5,000円も上回るポイント支給となります。

 

 

Yahooニュースのコメント欄を見ると、非難が目立ちますが、個人的には、すでにマイナンバーカードを所有しているので、健康保険証としてはもう手続き済みなので、口座ひもづけはよく検討してから申請したいと思います。

 

 

ちなみに、マイナポイントの手続きにおいて、自分のスマホが旧式だったため、マイナポイントを申請する政府のサイト”マイナポータル”に対応しておらず、PCに接続するカードリーダーをわざわざ購入して対応しましたが、今年春に機種変更して、対応するようになりました。

 

 

先日、マイナンバーカードを健康保険証として使えるようにするため、マイナポータルで手続きをしてみましたが、あっという間に手続きを完了させることができたので、マイナポイントの時と違い、労力も少なく済みそうです。

 

 

ただし、すでに健康保険証としての手続きは済ましてしまっているので、対象になるのかちょっと心配しています。

—–