PR

おたふく手袋 ハンドガード576 Lサイズ

日曜日は、ポイントでゲットした商品のレビューです。

 

 

◆商品その137

 

 

 

(メーカー・ショップ)

おたふく手袋株式会社
大正15年創業のおたふく手袋の公式サイト。作業用手袋からUV手袋やファッション手袋、安全靴やアンダーシャツまで幅広い商品の開発・販売を行っています。物を売るだけでなく、商品が魅力的に見せるための売場づくりや棚割り提案など店頭サポートも行って...
otafuku_catalog_vol.3_2023_05
通常拡大全画面Posteで開く

 

<Amazon>

おたふく手袋 下履き用手袋 ハンドガード [13ゲージ 綿100% 日本製] #576 S

<楽天市場>

おたふく手袋 #576 ハンドガード (1双) 日本製 ~R~

 

 

 

◆購入場所と利用したポイント◆

 

 

[ネット通販] ヨドバシ・ドット・コム ヨドバシゴールドポイント、楽天Edy

※ネット通販で注文、店舗受け取りで楽天Edy使用可に

 

 

 

◆欲しいと思った理由◆

 

 

すみません、また食器洗い時の手荒れ対策として、ゴム手袋の中につける”綿手袋”です。

 

 

これまで、”白十字”と”エステー”の綿手袋について紹介しましたが、アマゾンからの閲覧履歴からAIが自動抽出したおすすめ商品メールで、”おたふく手袋”の存在を知りました。

 

 

どうも創業が大正時代という老舗企業のようで、値段も手頃だったのでちょっと試してみたい気になってしまい、これまで同様、ヨドバシ・ドット・コムの店頭受け取りで購入してみました。

 

 

こちらの商品は、大きさ・形についてはエステーとほぼ同じで裾が長く手首が隠れるロングタイプ、材質は白十字と同じく綿100%で、それぞれのいいとこどりみたいな商品になります。

 

 

◆使ってみた感想◆
 
 

この商品は、エステーと似ていますので、それぞれ比較してみます。

 

 

手袋の形状ですが、手首が隠れる部分が、おたくふの方がエステーより短いです。

 

 

生地の厚さは、おたやくの方がエステーよりぶ厚いです。

 

 

付け心地ですが、生地が厚めなので、ゴム手袋Lサイズの中に2重でつけると、やはりごあついてしまい、指の動きの自由度が悪くなりましたが、生地の質なのか、おたふくの方がエステーより付け心地が良いように感じます。

 

 

手袋の着脱については、エステー同様、裾が長い分、ゴム手袋から出る部分があるので、ゴム手袋だけ先に脱ぎやすいです。

 

 

手荒れ対策の効果は、ま、似たようなものでした。

 

 

ということで、これまで綿手袋を3種類試してみましたが、”付け心地”を最も優先する条件として、自分の中で印象が良かった順に並べると、”白十字 ≧ おたふく > エステー”という結果でした。

 

 

とりあえず、これで綿手袋に拘るのは一旦終了することにしますが、ゴム手袋はもう少し取り上げる予定です。

 

 

ところで、手荒れの原因について新たな発見ががありました。

 

 

これまで、ゴム手袋をつけても、更にその下に綿手袋を2重につけてもダメでしたが、使用回数がそれほどでもないので気づかなかったのですが、どうやらゴム手袋の劣化が原因のようで、ゴムアレルギーに関するあるネット記事によると、綿手袋の装着の有無は関係ないようです。

 

 

確かに、現在使っているゴム手袋を購入したのは今年初め、もう1年近く経とうとしていて、交換の目安である指先が固くなりつつある状態でした。

 

 

早速、別のゴム手袋を新たに購入し、そのまま素手でつけて食器洗いをしてみたところ、作業後でもこれまでより手荒れを感じなかったです。

 

 

自分の食器洗いによる手荒れ対策について、また一歩前進することができ、徐々に固まりつつあります。

 

 

◆オススメ度◆

★★★★☆   手荒れ対策としてゴム手袋内の綿手袋は有効、3つ使った結論は白十字…

 

 

 

 

 

—–