ポイ活のコツ

revoemanです。

今回は、ポイ活のコツについてお伝えします。

LESSON5 ポイ活のコツ

 

ポイ活作業の時短方法その1 スマホ&タブレット&PCの併用

ポイ活作業を行う場合、実際のところ、それなりに時間がかかります。

例えば、アンケートアプリだと、ポイント付与数によって、アンケートに回答するのに、数問で済む時もあれば、数十問にもなる時もあります。

そうなると、当然、早く終わらせる方法はないものか?と考えるようになるわけです。

そこで、revoemanが実際やっている方法を伝授します。

まず、1つ目は、スマホとタブレット、そしてPCの併用です。

アンケートで、スマホのみ、PCのみの回答が要求される場合がある

通常、ポイ活アプリは、PCサイトもある場合が多く、またタブレットでもアプリをダウンロードできる場合があります。

そして、アンケートアプリなら、アプリもしくはPCのみで回答してください、というアンケートが配信される場合があります。

ポイント獲得機会の損失を減らすためにも、スマホとPC両方使える環境を整えておきたいところです。

作業しやすい端末を使う

ポイ活アプリでは、会員登録するとIDが付与されますが、Yahoo!のようにIDを複数作成することを許可しているのは例外的で、通常、IDを複数作成する行為は規約違反になる場合が多いと思います。

しかしながら、同じIDでアプリでログインしながら、PCやタブレットでも同時にログインするができる場合が多いです。

そこで、3つの端末でポイ活作業を試してみて、最も作業スピードが早くなる端末を使うと時短に繋がります。

例えば、アンケートアプリだと、自分の場合、アプリよりもPCで回答することを好みます。

それは、PCキーボードによるブラインドタッチの方が、スマホのフリック入力より格段に早いこと、PCの方が画面が大きく、アンケートの選択肢をスクロールする範囲を狭めることができることなどが挙げられます。

ちなみに、2024年現在ですが、自分は、以下のような環境でポイ活作業をしています。

① スマホ ×2台

・主にポイ活作業のメインとして使っている

・ポイ活アプリをダウンロード、またブラウザーアプリで、アンケートサイトやポイント交換サイトにもアクセスしている

②タブレット ×1台

・スマホにダウンロードしているポイ活アプリで、タブレットにも対応している場合、ダウンロードし、スマホのポイ活アプリと同時進行でポイ活作業に活用している

・自分の所有するタブレットが数年前のiPadなので、年式が古く、容量も少ないことから、ポイ活アプリのアップデートができていないものも増えている

③PC ×2台

・すでに触れたとおり、自分はスマホのフリック入力よりPCキーボードによるブラインドタッチ入力の方が早いので、PCの方が対応しやすいポイ活作業に活用している

・主にポイント交換サイト、アンケートサイトの他、PCでの回答を求められるスマホアプリのアンケートにアクセスしている

・メールによるポイ活は、メール専用のノートPCで対応している

 

ポイ活作業の時短方法その2 スマホの2台使い

上記で触れたとおり、複数の端末を用いて、ポイ活作業をしていますが、特に時短に効果を発揮しているのが、2つ目となる、スマホの2台使いです。

2台のスマホをポイ活に活用

通常、どなたでもスマホを1台は所有していると思いますが、スマホが登場してから十数年経ちますので、1度や2度は機種変更をした経験があるのではないでしょうか。

自分は、電話などネットワークが繋がるスマホとともに、ネットワーク契約はしていないけれど、Wi-Fiのみの接続で利用しているスマホの2台持ちにしています。

ただし、機種変更で使わなくなったスマホをWi-Fiに繋げているわけではなく、現在、メインで使っている機種から半年遅れほどで発売され、現在もOS更新ができる中古型落ちのSIMフリーモデルをネット通販で購入しました。

あえて容量に余裕のあるモデルを購入したので、当初は画像や音楽専用に使おうと思っていましたが、ポイ活での活用を思いつきました。

具体的には、両方のスマホに同じポイ活アプリをダウンロードしておいて、同じアプリによるポイ活作業を同時並行で進めます。

本来なら、1台でやる作業を2台でできるようになり、格段にスピードアップしたことで、大きな時短効果が得られるようになりました。

古い機種のSIMカードがあれば、Wi-Fiでネット接続が可能になる

自分のように、2台目のスマホとして、ネット通販でSIMフリーモデルと購入すると、SIMカードがついていません。

そこで、そのスマホでネット接続するため、モバイル通信契約を追加するとしたら、新たな費用負担が発生してしまいます。

そこで、スマホを同機種に買い換えた経験がある方なら、以前のスマホのSIMカードがWi-Fi用として使えます。

自分の場合、たまたまiPhoneをずっと使い続けているので、2台目の機種に以前の機種のSIMカードを差してみて、画面の案内通り、操作したところ、無事、Wi-Fiに繋げることができました。

これで、2台目のiPhoneはWi-Fi専用機種となりますが、新たな費用負担なしに、ネット環境を使えるようになり、ポイ活作業が可能になります。