PR

ややこしいイオンのポイント制度が小幅改訂

土曜日は、ポイ活生活です。

 

 

現在、自分が実践している日々のポイ活や獲得したポイントでの買い物で役に立ちそうなお得情報をお届けしています。

 

 

全て自分が体験した内容です。

 

 

今回は、”ややこしいイオンのポイント制度が小幅改訂”です。

 

 

イオン系のポイ活といえば、”電子マネーWAON”になりますが、実は、このイオンのポイントの仕組みが少々ややこしいのです。

 

 

まず、イオン系のポイントには、”WAON POINT”と”WAONポイント”の2種類あり、この2つは名前の読み方は同じだけれど違うポイントになります。

 

 

下記が違いの説明ですが、1回読んでもよくわかりません。

 

 

 

ただし、ポイ活における”電子マネーWAON”のポイントは、”WAONポイント”の方になります。

 

 

このWAONポイントは、イオン系スーパーにあるイオン銀行ATM(紫の端末)で、ポイントチャージして、電子マネーのWAONに交換して利用することができます。

 

 

更に、イオンカードでクレジット払いすることで、また別の”ときめきポイント”が付与されます。

 

 

先月、このイオンカードを利用した際のクレジットポイントが、2011年9月11日利用分から、”ときめきポイント” → ”WAONPOINT”に変更されるとのお知らせがありました。

 

 

自分の場合、イオン系スーパーでの買い物は全て”電子マネーWAON”でしており、クレジットは使わないので、あまり関係ありませんが、将来的に、この名称が酷似してややこしい”WAONPOINT”と”WAONポイント”が統一されるなどの対応を望みます。

 

—–