PR

カップ入り即席麺 マルちゃん 亀田のカレーせん味焼そば

日曜日は、ポイントでゲットした商品のレビューです。

 

◆商品その130◆

 

 

 

 

(メーカー・ショップ)

「ハッピーターン味焼そば」「亀田のカレーせん味焼そば」新発売のお知らせ | 東洋水産株式会社
東洋水産の企業情報、IR情報、採用情報についてご覧いただけます。

 

<Amazon>

マルちゃん 亀田のカレーせん味焼そば 108g×12個

<楽天市場>

東洋水産 マルちゃん 亀田のカレーせん味焼そば 12入

 

 

 

◆購入場所と利用したポイント◆

 

 

[実店舗] ザ・ビッグ WAON

 

 

 

◆食べてみようと思った理由◆

 

 

以前に、カップ麺で、”マルちゃんのハッピーターン味焼そば”という商品を取り上げました。

 

 

そこで、”はっきり言って、全然おいしくない…”と辛口評価をしました。

 

 

その際、いっしょに並んでいた”亀田のカレーせん味焼そば”を選ぶべきだった、理由は、”カレーの強い旨味が他の味を凌駕してくれるので、今まで食べたカレー味のカップ麺や鍋汁などでハズレに出会ったことが一度もないから…”とお伝えしていました。

 

 

その後、ハッピーターン味を購入したマックスバリュでは、今回のカレーせんが引き続き売られていたのですが、特売価格ではなくなっていたので、スルーしていました。

 

 

ところが、先日、イオン系のディスカウントストアーであるザ・ビッグに行ってみると、この2つの商品が特売価格で売っていたので、じゃあ、カレーせん味も試してみるか~と購入してみました。

 

 

 

◆食べてみた感想◆
 

なんとなく予想していたのですが、やっぱり味はいまいちでした。

 

 

まあ、ハッピーターン味よりはマシ…という感じです。

 

 

これも、マルちゃんのやきそば弁当シリーズというのであれば、ハズレ味に該当するでしょう。

 

 

今回の2つの商品を食べてみて、わかったことがあります。

 

 

ハッピーターン味の記事で、最も好きなカップ麺の焼きそばは、同じ”マルちゃんのごつ盛りシリーズ”だとお伝えしました。

 

 

どうして同じマルちゃんなのに、ここまで味の差が出てしまうのか考えました。

 

 

そして、わかりました。

 

 

カップ麺の焼きそばには、調味料として液体タイプと粉タイプの2種類がありますが、粉タイプの場合、ことごとくマズいことが多いのです。

 

 

液体タイプだとある程度適当に混ぜても全体的に味が滲みこんでくれますが、粉タイプだと自分で混ぜる手間ひまによって、大きく味が変わってしまうようです。

 

 

そういえば、自分の中では、マルちゃん以外の他メーカーのカップ麺焼きそばでも、粉タイプの調味料を採用しているものをあえてもう一度食べたいと思ったことがないことに気づきました。

 

 

今後ですが、怖いものみたさで商品を選ぶとことごとく裏切られてきたので、粉タイプの焼きそばをあえて選んで、おいしくなるようにかき混ぜを頑張りたいという気持ちはなく、素直に液体タイプの焼きそばで行こうと思います。

 

◆オススメ度◆

★★☆☆☆  ハッピーターン味よりはマシですが、気をてらうより王道の味の方がおいしい!

 

 

 

マルちゃん 亀田のカレーせん味焼そば 108g×12個
Amazon(アマゾン)
2,831〜3,381円

 

 

東洋水産 マルちゃん 亀田のカレーせん味焼そば 12入
楽天市場
2,173円

 

—–