PR

楽天Edyのポイントチャージ 1pt単位から、楽天キャッシュも可能に

土曜日は、ポイ活生活です。

 

 

現在、自分が実践している日々のポイ活や獲得したポイントでの買い物で役に立ちそうなお得情報をお届けしています。

 

 

全て自分が体験した内容です。

 

 

今回は、”楽天Edyのポイントチャージ 1pt単位から、楽天キャッシュも可能に”です。

 

 

ポイ活において、以前の記事でも初心者にオススメとお伝えした”楽天”は外せません。

 

 

その理由の1つとして、”楽天ポイント、電子マネーの楽天Edy、QRコード決済の楽天ペイ”の3つの決済機能が揃っていれば、ネットならびに実店舗の支払いでまず困ることがないからです。

 

『初心者にオススメしたい最初に始めるポイ活』
土曜日は、ポイ活生活です。  現在、自分が実践している日々のポイ活や獲得したポイントでの買い物で役に立ちそうなお得情報をお届けしています。  全て自分が体験し…

 

 

この中で、電子マネーの”楽天Edy”のメリットとして挙げられるのが、実店舗での支払いにおいて、独自のポイント制度のほか、唯一他社ポイントで利用できるのが”楽天Edy”であるということがあります。

 

 

自分がよく利用するお店では、家電量販店のヨドバシカメラとホームセンターのDCMホーマックが該当します。

 

 

そして、ポイ活でゲットした楽天ポイントのうち、通常ポイントは楽天Edyアプリ等でポイントチャージすることで、楽天Edyに交換可能です(期間限定ポイントは対象外)。

 

 

そこで、自分の場合、ポイントチャージ経由で、マメに楽天ポイントを楽天Edyに交換していますが、以前は、その交換最小単位が10ptだったのが、先月から1pt単位で交換可能になっていました。

https://edy.rakuten.co.jp/howto/pointcharge/

 

 

更に、楽天ポイントのほか、楽天キャッシュからもポイントチャージが可能になっています。

 

「楽天キャッシュ」を「楽天Edy」にチャージできる機能を提供開始|楽天ペイメント株式会社
- 来春には「楽天Edy」から「楽天キャッシュ」へのチャージも可能に -

 

 

楽天ポイント、楽天キャッシュ、楽天Edyの違いについては、正直、ややこしいので、ここでは割愛しますので、気になる方は、楽天のホームページでご確認ください。

 

 

一言でまとめると、楽天Edyのポイントチャージの使い勝手が良くなって嬉しい~という話でした。

 

—–