PR

kabaya カバヤ食品 きんかんのど飴 たっぷり130g

日曜日は、ポイントでゲットした商品のレビューです。

 

 

◆商品その125◆

 

 

 

 

(メーカー・ショップ)

カバヤ食品株式会社
【カバヤ食品のオフィシャルサイトへようこそ!】 さくさくぱんだ・塩分チャージタブレッツ・ピュアラルグミ・ソイジャーキー・ジューC・ほねほねザウルス・セボンスターなど複数のブランドを製造・販売する食品メーカーです。

 

<Amazon>

カバヤ きんかんのど飴 160g ×10袋

<楽天市場>

きんかんのど飴(160g*4袋セット)

 

 

 

◆購入場所と利用したポイント◆

 

 

[実店舗] キャンドウ 楽天ペイ 

 

 

 

◆欲しいと思った理由◆

 

 

この物価高で、スーパーの食品や電気料金などが毎月値上げされる中、庶民の味方といえば”100円ショップ”。
 
 
100円ショップには様々な商品が並んでいますが、意外に食品のレパートリーも豊富で、特にその圧倒的な品揃えで重宝するのが、”飴(アメ)”です。
 
 
相変わらず、オモクロン株派生型”BA.5”による新型コロナウイルス第7波が猛威を振るっていますが、現在多く見られる症状として、”倦怠感、発熱、鼻水、のどの痛み”などがあるようです。
 
 
自分は幸いにもコロナ対策をしっかりやっているせいか、コロナに感染していないのですが、ネット記事で、コロナになった方があるといいなと思った商品は何か?という質問に対して、”のどの痛みがひどいので、のど飴があっという間に無くなった”というコメントを見ました。
 
 
そこで、のど飴なら安いし、保存もきくし、大量にストックしても全然問題ないと思って、のど飴ならいつもの100均ということで、中でもコストパフォーマンスが目を引く本商品をとりあえず大量に購入し、ストックしておくことにしました。
 
 
 
◆使ってみた感想◆
 

この商品を選ぶ最大の理由は、”量と味”です。

 

 

まず、他ののど飴が軒並み○○gしか入ってないのに対し、きんかんのど飴はパッケージにも大きく謡われている”たっぷりサイズの130g”も入っています。

 

 

そして、味はのどがスッキリする”きんかんとハーブ”エキスです。

 

 

フルーツ味や黒糖なども魅力的ですが、甘ったるいのは次第に飽きてくるし、虫歯も気になるので、個人的には、すっきりハーブやミント系が好みです。

 

 

ちなみに、kabayaのきんかんのど飴は、キャンドゥだけでなく、ダイソーでもよく見かけるので、どちらでも使えるQRコード決済のPayPayを利用される方なら便利です。

 

 

両者を比較した場合、品揃えならダイソー、支払方法ならキャンドゥに軍配が上がります。

 

 

◆オススメ度◆

★★★★★   のど飴はコストパフォーマンス抜群のきんかんのど飴で決まり!

 

 

 

 

 

—–