PR

12月1日から楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)一部変更

土曜日は、ポイ活生活です。

今回は、”12月1日から楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)一部変更”です。  

 

ポイ活において、”楽天”はポイント獲得のしやすさや使い勝手の良さで切っても切れない存在です。

その楽天グループですが、子会社の楽天モバイルが業績の足を引っ張り、その余波で、ポイントの改悪が続いています。

そして、先日、12月1日から楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)一部変更を発表しました。

ちなみに、楽天SPUとは、楽天グループ内の様々なサービスを複数、利用することで、ポイント付与率がアップする仕組みのことです。

 

具体的な内容は、以下のとおりです。

【楽天市場】SPU(スーパーポイントアッププログラム)|ポイント最大15.5倍
SPU(スーパーポイントアッププログラム)は、楽天グループサービスを使えば使うほどポイントアップするお得なプログラムです。楽天市場でのお買い物がポイント最大15.5倍になります。

https://event.rakuten.co.jp/campaign/point-up/everyday/point/notice/  

 

簡単にまとめると、楽天モバイルのユーザーには恩恵がある一方、楽天市場等をメインに使っている方には、ポイント付与の上限が下がったことで不利になる部分もありますが、少額の利用者にはほぼ影響はなさそう…という感じでしょうか。

自分の場合、通信キャリアは楽天ではなく、またネット通販も楽天をメインに添えていません。

一方で、楽天のポイ活は積極的に行っていますが、あくまでもアプリやメール中心で、そこでゲットしたポイントは主に実店舗で利用しています。

よって、自分の場合も、それほど影響はなさそうですが、ここのアプリのポイント付与条件など悪化傾向が続いている印象です。  

しかしながら、ついに楽天モバイルにプラチナバンドが割り当てられることになりましたし、これで通信環境が劇的に改善し、ユーザー数が増えて、将来、黒字化する可能性も出てきました。  

そして、再び楽天ポイントを積極的に付与する姿勢に戻ってくれればいいな~と思っています。