PR

Panasonic ワイヤレスステレオインサイドホン RZ-S50W

日曜日は、ポイントでゲットした商品のレビューです。

◆商品レビュー116◆

メーカーホームページ:

https://panasonic.jp/headphone/products/s50w.html

 

◆購入場所と利用したポイント◆

[ネット通販]ヤフーショッピング PayPay

 

◆欲しいと思った理由◆

普段、自分は仕事の通勤の際、片耳ワイヤレスイヤホンで音楽を聴いています。

過去に様々なワイヤレスイヤホンを試しましたが、結局、音質は元ソースやスマホに頼ることにし、使い勝手、コストパフォーマンスの良い低価格の片耳タイプを使うことで落ち着きました。

以前、その中の1つを紹介したことがあります。

『SLUB 完全ワイヤレスイヤホン 小型軽量 Bluetooth4.1 Hi-Fi 7時間連続再生』
日曜日は、ポイントでゲットした商品のレビューです。 ◆商品その7◆   ショップホームページ:SLUBショップ…

 

その後、低価格の片耳タイプを2つ、高価格の両耳タイプを1つ購入しています。

前回までに、その片耳タイプを紹介しました。

『片耳ワイヤレスイヤホン Bluetooth5.0 6D重低音 自動ペアリング』
日曜日は、ポイントでゲットした商品のレビューです。 ◆商品その114◆    ショップホームページ:no branded…
『片耳ワイヤレスイヤホン Bluetooth5.1 超小型 超軽量』
日曜日は、ポイントでゲットした商品のレビューです。 ◆商品その115◆    ショップホームページ:二丁目商店…

 

今回、いよいよ真打ちの高価格の両耳タイプです。

ちなみに、いつも当ブログで取り上げるポイントでゲットした商品は、ほぼ”○百円”の商品ばかりですが、今回は久々に○千円と高い値段の商品です。

繰り返しになりますが、自分がワイヤレスイヤホンに求める性能の優先順位は以下のとおりです。

・商品の大きさ(耳への装着性)

・連続再生時間

・値段

商品の大きさについては、通勤時に急いで早足や駆け足になる際、耳から落ちないような小型タイプが好みです。

再生時間については、自分の通勤時間が片道1時間、寄り道して帰る時には2時間ほどになりますが、それを考慮して、最低でも2時間以上、できれば3時間以上再生してくれると、途中で充電切れになることなく聴き続けることができていいかな~と思っています。

値段については、音質は音楽ソースやスマホに頼ることにしているので、中国など海外製の安い商品を一定期間使い切ることができれば十分…くらいの気持ちでいますので、本体+送料込みで1,000円以内の商品を想定しています。

ところが、これまでいわばお手軽で価格も安い小型タイプの片耳ワイヤレスイヤホンを好んで使っていましたが、ある時、周りの雑音が非常に煩わしく感じる場面に出くわしました。

その際、そういえば、最近の高価格帯のイヤホンには、周りの雑音をシャットアウトしてくれる”ノイズキャンセリング”機能が搭載されていて、そのようなイヤホンなら、雑音に悩まされることなく快適に過ごせるという雑誌記事を読んだのを思い出しました。

そこで、ノイズキャンセリング機能を搭載した両耳タイプで高価格のワイヤレスイヤホンを1つくらい持っていてもいいんじゃないかと思い始め、いよいよ欲しくなってしまいました。

最初は、機能性に定評のあるソニーのイヤホンにしようと思いましたが、アマゾンのレビューなどを見ても、自分が過去にソニー製品の使用してきた経験上からも、どうも壊れやすそうなイメージがあるのがネックでした。

そこで浮上したのが、最近気になっていたパナソニックの高級AVブランド”テクニクス”のイヤホン。

自分は学生時代、オーディオが趣味だったので、復活した”テクニクス”ブランドの高級ワイヤレスイヤホンを雑誌記事で見た時、凄い興味を持ちました。

ただし、値段が張るのがネックで、中古でもなかなかの価格。

どうしようか悩んでいた時、ネット通販サイトで、高級ワイヤレスイヤホンをチェックしていると、テクニクスの下位のグレードとなるパナソニック製でノイズキャンセリング機能を搭載した当商品がラインナップにあることを知りました。

レビュー等の評価も上々だったので、気になっていたところ、運よく値段の手頃な中古品が販売されていたのを見つけ、思い切って購入しました。

 

◆使ってみた感想◆

使用感ですが、まず充電ケースから取り出すだけで、自動で電源が入り、Bluetoothに接続するのに感動。

耳への装着感はイヤホンが大きめということもありますが、やはりつけてる感がはっきりしているものの、それほど悪くありません。

しかし、走ったりするとやはり落ちてしまいそうです。

音質は値段なりの高級感がありますが、最初は凄いというほどでもないかな…と思いましたが、最近、使う頻度が増えてきて、改めて前回まで紹介してきた低価格の片耳ワイヤレスイヤホンと比較すると、やはり雲泥の差です。

一方、操作性はイヤホン本体にタッチするだけで、色々な動作を可能にしていますが、逆にイヤホンの位置を直そうとして、ふとタッチしてしまい、望んでない動作を勝手にしてしまうことがあるのはちょっと面倒だなと思いました。

そして、生まれて初めてノイズキャンセリングを体験しました。

回りの雑音レベルにもよると思いますが、十分シャットアウトを体感することができました。

特に、最近周りが騒がしい場面で使うことが増えているので、改めてこの機能の凄さ、音質の良さを実感しています。

中古ということもあり、折角高いお金を出したのに、頻繁に使用して早々と壊れてしまうとショックなので、周りが騒がしくて、ノイズキャンセリングに頼りたい場面でのみ活躍してもらおうかと思います。

 

◆オススメ度◆

★★★★★

ノイズキャンセリング搭載のワイヤレスイヤホンの入門編としてオススメ!!