PR

SARAYA ヤシノミ洗剤

日曜日は、ポイントでゲットした商品のレビューです。

◆商品レビュー62

(メーカー・ショップ)

ヤシノミ洗剤 | ヤシノミ | 製品情報 | サラヤ株式会社 家庭用製品情報
1971年の発売より、変わらぬ品質。

 

◆購入場所と利用したポイント◆

[実店舗] マックスバリュ WAON

  

◆欲しいと思った理由◆ 

以前、取り上げた”ミドリ安全のニトリル手袋”や”BAND-AID キズパワーパッド”の回で、これらを購入したきっかけとして、指先のあかぎれが酷かったという話をしました。

そのあかぎれの原因は、食後の食器洗いに使っていた台所洗剤”花王のキュキュットの洗浄力の強さ”でほぼ間違いありませんでした。

キュキュットで洗うと、ゴム手袋等をしていても、水が手袋の中にまで沁み込んで、手が荒れることが多く、あかぎれが治ったと思ったら、またぶり返すの繰り返しでした。

そこで、”灯台下暗し”というか、手を外部から保護するやり方はもう諦めて、そのあかぎれの原因を作っている洗剤自体を変えるという考えにようやく至りました。

早速、ネットで調べると、コストと入手のしやすさから、候補が2つに絞られました。

その内の1つである今回の”SARAYA ヤシノミ洗剤 ”は、近所のスーパーやドラッグストアで売っていて、手軽に入手でき、かつ値段も良心的だったので、まずはこちらから試すことにしました。



◆使ってみた感想◆

使い心地ですが、ネット記事を読むと、思いのほか泡立ちが悪く、更に油汚れは落ちないとのコメントをよく見かけました。

自分が使った感想では、泡立ちはスポンジにそんなにかけていませんが、ちゃんと泡立ってくれて全く問題なし、ただフライパンなどの油汚れについては、やはりコメントのとおりでした。

そして、肝心の手荒れ対策ですが、2つの方法で食器洗いしてみました。

1つは、これまで通りゴム手袋をはめて、もう1つは、思い切って素手で。

結果は、ゴム手袋の場合は全く問題なし、対して、素手の場合はあかぎれが残る状態でやったので、やはり思いのほか沁みましたが、それでも、キュキュットの時ほど明らかに酷くならず…という感じでした。

実は、もう1つの候補もすでに購入して手元にあるので、比較、検証して、次回ご紹介しようと思います。

あと、今回、洗剤は詰め替え用だけ購入し、コロナ禍で頻繁に使うようになったうがい薬の空になったポンプ式の容器に入れて使っています。

1プッシュで丁度いい量が出てくれて、我ながらナイスアイデアです。

 

◆オススメ度◆

★★★★☆   

確かに手荒れが軽減、今後の手荒れ対策は、洗剤&手袋のコンビで!!