PR

無印良品 シリコーン調理スプーン 長さ約26cm

日曜日は、ポイントでゲットした商品のレビューです。

◆商品レビュー171

(メーカー・ショップ)

シリコーン調理スプーン | 無印良品
耐熱温度の高いシリコーン素材を使った、調理や取り分け時に役立つ調理スプーンです。先端の適度なしなりが鍋肌に沿い、食材を無駄なくすくい取ります。色は食材による色移りが目立ちにくいよう黒色にしています。

 

◆購入場所と利用したポイント◆

[実店舗] 無印良品 WAON 

 

◆欲しいと思った理由◆

昨日、無印良品のセルフレジについてお話ししましたが、その時の買い物の際、購入したのが、今回の”シリコン製のお玉”です。

自分はテレワーク中、自宅でのお昼御飯として、最近はチャーハンに凝っていて、よくYouTubeで町中華の店主の素晴らしい技の動画を見ては、見よう見まねでチャーハンを作ってみることが楽しみになっています。

その際、調理器具の1つであるフライパンについては、当ブログを始めた頃に紹介した”パール金属のテフロン加工のフライパン”を今でも使っています。

パール金属 炒め鍋 28cm ガス火専用 深型 ブルーダイヤモンドコート HB-2019
日曜日は、ポイントでゲットした商品のレビューです。 ◆商品レビュー3◆ メーカーホームページ: パール金属 炒め鍋 ◆購入場所と利用したポイント◆ アマゾン Amazonギフト券 ◆欲しいと思った理由◆ 基本料理はしませんが、中華が好きで、...

 

一方、その前にはニトリのフライパンを長年使っていたのですが、ステンレス製のお玉を使っていたせいか、フライパンのテフロン加工が剥げていってしまい、チャーハンを炒める際、よく焦がしていました。

そこで、フライパンを傷つけないように考えた結果、100均で購入した木べらを使うことにしたのですが、木べらだとご飯をきれいにすくい上げることができないので、やっぱりお玉を使って作りたいな~と思うようになりました。

次に、フライパンを傷つけないようにするため、お玉の素材を調べると、”ステンレス、ナイロン(プラスチック)、シリコンの3種類”あるのがわかりました。

ただ、以前のようにステンレス製だとフライパンを傷つけてしまうし、ナイロン製も案外固いので、傷つける心配をしなくてすむシリコン製にすることにしました。

そこで、早速、シリコン製のお玉について調べてみると、特に料理を担う女性から圧倒的な支持を得ていたのが、今回の”無印良品のシリコーン調理スプーン”だということがわかりました。

ただし、始めからこの無印良品のお玉を使おうとしたわけではなく、おそらく次回取り上げる予定ですが、困った時はまず100均!ということで、ダイソーで200円ながらシリコン製お玉を売っているのを発見、まずはそちらを購入しました。

ところが、実際使ってみると、いまいちしっくりこない…。

そこで、評判の良い無印商品のシリコン製お玉に乗り換えました。

 

◆使ってみた感想◆

先に結論から申し上げますと、中々の好商品です。

調理器具としては、”ダイソー の電子レンジトレービッグ”以来、その使い勝手の良さに満足しています。

この商品の前に、”ダイソーのシリコン製お玉”を使っていたことも、余計にその評価を高めました。

特に、料理を乗せるスプーン部分が思いのほか大きいのが良くて、チャーハンを炒める際、底で押さえられるのが嬉しいです。

一方、全体的に重みがあり、長くチャーハンをかき混ぜていると若干疲れてくるのと、柄の部分が多少短めなので、もう少し長いタイプもラインナップに加えていただけると、更にいいのになぁ~と思いました。

値段は、ダイソーが200円、無印良品が490円ですが、コストパフォーマンスを考慮しても、無印良品のものを選んだ方が正解です。

 

◆オススメ度◆

★★★★★

無印良品のシリコン製お玉は圧倒的な支持に納得、オススメ!!