PR

マイナポイント-(3)マイナポイント申込ならびに注意点

土曜日は、ポイ活生活です。

現在、3回に渡って、マイナポイントについてお伝えしています。

今回は、”(3)マイナポイントの申込ならびに注意点”です。

 

前回、マイナポイントの予約ならびに注意点についてお伝えしました。

マイナポイント予約・申込方法

今回も、自分でやってみて初めて分かったマイナポイントの申込ならびに注意点についてお伝えします。
マイナポイントの予約が完了し、マイキーIDが発行されたら、そのまま申込に進めます。

マイナポイントの申込において、最大のポイントは、”決済サービスをどこにすればよいか?”ということになると思います。

対象となるキャッシュレス決済サービス

対象となるキャッシュレス決済サービス検索 | マイナポイント事業
マイナポイント事業サイトの「対象となるキャッシュレス決済サービス検索」のページです。

 

本記事更新の7月下旬時点において、主要な電子マネー、QRコードは網羅されていますが、クレジットカードが案外少なくて、こちらのブログで取り上げた楽天カードは対象ですが、Yahoo!Japanカードや Amazon Mastercard クラシック は対象外になっています。

そして、このマイナポイントに対して、各社が上乗せキャンペーンを実施しています。

例えば、PayPayを登録すると、抽選で1等100万円が当たったり、WAONやゆうちょPayでは、最大2,000ポイント上乗せで付与されます。

この上乗せキャンペーンのお得感と、普段の生活での利便性を考慮して、決済サービスを選択すればよいと思います。

ちなみに、自分の場合、マイナポイント最大5,000円分付与されるために、20,000円分利用と、結構まとまった金額になることから、毎月必ず出ていく支出として、食費に注目しました。

そこで、最も食材の買い物に利用しているイオン系スーパーのマックスバリュの支払いに使っていること、他社と比べても上乗せの還元率が高いことから、電子マネーのWAONに決め、早速、申込しました。

最後に、注意点を述べておきます。

マイナポイントの対象になるのは、2020年9月から2021年3月の7ヵ月間に利用したキャッシュレス決済による買い物、チャージであることから、現在の2020年7月に利用しても対象外になります。

また、このマイナポイント事業は予算枠2,000億円、先着4,000万人となっていますが、これは国民の約3分の1にあたり、登録に必須なマイナンバーカードの普及率が20%未満であることを考慮すると、まずは先着で締め切られる心配は無用だと思います。