PR

湖池屋 PUREPOTATO じゃがいも心地

日曜日は、ポイントでゲットした商品のレビューです。

◆商品レビュー4◆

メーカーホームページ:

湖池屋 じゃがいも心地 https://koikeya.co.jp/purepotato_item/

 

◆購入場所と利用したポイント◆

[実店舗] ツルハドラッグ 楽天ポイント

 

◆食べてみようと思った理由◆

ポイ活でゲットしたポイントのいいところは、○○~○○○円のちょっとした買い物をしたくなった時に躊躇なく「ポイントで買っちゃお-」と思えることです。
そのようにお気軽にポイントを使おうと思える最たるモノと言えば、やはり食べ物や飲み物ではないでしょうか。
中でも、お菓子は大体○○円のものが多く、○○○円になると高級品になるので、低価格の割に満足度が高いこともポイントで買いたくなる理由の1つです。
自分は嗜好品としてタバコやお酒はたしなみませんが、お菓子は晩御飯後のデザートとして、楽しみの1つになっていて、オススメしたいものは山のようにあるのですが、最初に思い浮かんだのが定番のスナック菓子です。
スナック菓子といえば、カルビーのポテトチップス(ポテチ)を思い浮かべる方が多いと思いますが、実は先にポテチを発売したのは湖池屋だったことをご存知でしょうか?
湖池屋といえば、思い浮かぶのはカラムーチョなどの辛い系ポテチで、その他の塩、のり、コンソメなどの定番系ポテチは、正直言ってカルビーに軍配が上がっているイメージです。
ところが、最近、湖池屋のポテチは大胆にパッケージデザインをチェンジしたことが功を奏したのか、スーパーの棚でも目立つ存在になり、ちょっと買ってみようかなという気にさせてくれるようになりました。
そして、食べてビックリ、明らかに以前の湖池屋のイメージを払拭するような激ウマ具合にチェンジしていたのです。
この湖池屋の激変ぶりを不思議に思っていたのですが、先日、たまたまテレビを見ていて、現在の湖池屋のイメチェンの立役者となったのが、新しく就任した現社長だということを知りました。
なんでも前職のアサヒ飲料では、数々の商品をヒットさせたヒットメーカーとして知られていた人物で、現在の湖池屋の社長に就任してから次々と改革を断行、まずは本来の味重視に原点回帰、商品ラインナップを絞り、主力商品のポテチの商品開発や商品パッケージを20代女性社員でチーム編成し任せたとのことでした。
なるほど、このセンスの良い商品パッケージや消費者の好みを見事にとらえた味は女性目線の商品作りだったのか…と妙に納得してしまいました。

 

◆食べてみた感想◆

自分のような庶民でも明らかに味の違いがわかるくらいおいしくなっています。

特にポテチの厚さと堅さが絶妙。

通常のポテチとナビスコのチップスターの中間くらい…という感じです。

そして、味は3種類ありますが、全部食べてみた結果、見た目は青色パッケージの”オホーツクの塩と岩塩の合わせ塩味”が一番目に入りますが、味は金色パッケージの”一番搾りごま油と岩塩”が一番おいしいと思いました。

実はこの商品、テレビで社員さんがおっしゃるには、以前から別のパッケージデザインで商品ラインナップにあったということでしたが、店頭では見たことがありませんでした。

商品のパッケージデザインがいかに大事か、そしてそのイメージ通りの味のおいしさも引き出せれば、これだけのヒット商品になるということを改めて感じさせてくれた商品です。

ちなみに、じゃがいも心地は、ポイントで何度か買って繰り返し食べています。
また、カルビーもすぐに似たようなパッケージの商品を発売したので、早速、食べてみましたが、正直、厚切りの差で湖池屋の方が全然おいしかったです。

 

◆オススメ度◆

★★★★★

現在、発売しているポテチで一番のお気に入り、激ウマ!